不完全性定理は変?:世界は変だ:So-net blog
So-net無料ブログ作成

不完全性定理は変? [科学]

  「世の中に絶対なんてないよ。」というフレーズを
聴いたり口にしたりした経験は誰にもあるはず。

でも、その時いつも思う。絶対はないなら、「絶対
はない。」という事自体も絶対じゃないことになる。
この発想は、天邪鬼な私に固有の屁理屈ではなか
った。
 
 これは「自己言及のパラドックス」と呼ばれ、ゲー
デルの「不完全性定理」の中に登場する概念だ。

 物理学の「不確定性原理」と混同しそうな名前だ
が、こちらは数学の定理で簡単に言うと「この世は
論理では全てを解明する事は出来ない。」つまり
「数学で記述する物理学では宇宙の全ては解明
出来ない。」というもの。

 これは、人間には宇宙の究極は解明できない
という事を数学自身が証明してしまったという衝
撃的にガッカリな定理だ。

 本当にムリなのだろうか?最初の「絶対はない」
というのを「絶対はある」と変えれば自己矛盾を
起こさず成立しはしまいか?また自己矛盾を持つ
事項についてだけは例外として許す。物理学で
お得意の特異点として扱うとか…。
 しかしそれはやはり美しくないとか、不完全で
真理ではない証拠だとかと物理学者は思うだろ
うなー。
    
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

ミモザ

>また自己矛盾を持つ
事項についてだけは例外として許す。物理学で
お得意の特異点として扱うとか…。

物理学ってそうなんですか(^^)
物理学って目に見えないこととは対極にあるような
気がして身近ではありません。理解不足だとは
思いますが。。。
by ミモザ (2013-05-05 07:19) 

zanki

 私も数学、物理学は門外漢なので、十分な理解
は望めませんが。
by zanki (2013-05-05 10:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。