2013錯視は変?:世界は変だ:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択

2013錯視は変? [科学]

 錯視、つまり目の錯覚はもちろん目ではなく脳がミスを犯すこと。
しかしそれは脳を軽蔑する事ではなく、むしろ尊敬すべき仕組みに
よる当然のそしてほんの些細な副産物に過ぎないという事を先日
知った。

 人間が得る情報の大半は視覚によっている。認識しなければい
けない世界は立体、つまり三次元であるのに対し、視覚から得ら
れるのは二次元の画像データでしかない。

 中学校の方程式の初歩で習ったはずだ。未知数がn個なら、解
を求める為には、式もn個なくてはならないと。
 それは数学の世界に限らず現実世界でも正しい。
 ザックリ言えば、二次元情報からは三次元を完璧には認識でき
ないはずなのだ。しかし私たちは生きている。動き回らなければな
らない。ロボットのように正確な解が出るまでは動けないというの
ではすぐに死んでしまう。
 そこで脳はなんと、計算から予想されうる解のうち、可能性が高
いと考えられるものを、私の表層意識に相談することなく勝手に採
用し、視覚情報として提供してくれるのだ。
 その思い切りの良さこそが、ロボットにはまねのできない事だし、
またロボットを我々の道具として使っている元時点では、そんな勝
手な判断をされては困るのだが。なにせ機械はミスらないというの
を前提に使用しているのだから。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。