生物:世界は変だ:So-net blog
So-net無料ブログ作成

共生は変? [生物]

 今日の加山雄三のゆうゆう散歩で、鉄の鱗を持つ生物
が存在するのを初めて知った。深海底熱水活動域で
発見されたスケーリーフットという巻貝だ。そこは当然
の高水圧に加えて、超高温の有毒熱水が噴き出す極限
環境。それを体内に共生させている特殊な微生物に支え
られて生きているという。
 鉄の鱗も驚異的だが、この共生微生物はもっと驚くべき
能力を有する事がそのゲノム解析の成功から判明してき
た。水素やヒトには有毒の硫化水素からエネルギーを取
り出し、それを宿主のスケーリーフットに受け渡す仕組み
も解明されたという。

 今のように環境を維持する事にばかり執着せず、ヒト
も自分を変えて環境の変化に対応していく道を模索して
もいいんじゃないだろうか。その為の有力なパートナー
である共生細菌の研究はもっと盛んになっていい。

カンブリア爆発は変? [生物]

ここ数年、日本酒が好きになり、偶然知ったのが下記。
http://www.jaea.go.jp/02/press2012/p12121001/all.html
 独立行政法人日本原子力研究開発機構が、群馬県とコラボ
して、新しい酒酵母の開発をしたとのこと。

 独立行政法人というと、天下り組織?しかも原子力村?それ
が何で日本酒酵母と関係あるんだよ、と思ったら、放射線を
照射することにより、高率で酵母に突然変異を起こさせ、その
中から優秀な株を選択するノウハウを確立したらしい。
 
 まあ、おいしい日本酒造りに貢献したなら文句は言うまい。

 原子力といえば原発事故がすぐに浮かぶ昨今。
 
 ふと思った。カンブリア紀爆発の原因は地球規模の放射能
汚染だったんじゃないかと。

 なんらかの理由で、致命的でない程度の放射能汚染が起こ
り、それによる遺伝子の突然変異で、動物門の爆発的、分化、
多様化、進化が起きたのではないか?


 

話したいのは変? [生物]

 facebookを創ったザッカ―バーグ君は、
「人間とは、本能的に繋がりたい生き物なのです。」
と言ったとか。
 繋がりたい…というより、喋りたいのではないだろうか?
僕自身、ブログやfacebookに何かしら書きたくなる本能的な
欲求は感じる。
 
 それはつまり、自分が知った事を他者に話したいという欲求。

 情報の共有という種の生き残り戦略が有効にはたらいた結果、
人類に固定された本能なのではないだろうか?

軍用犬ロボットは変? [生物]

完璧な歩行能力を獲得した軍用犬ロボットが公開された。
はじめに見たときは、てっきり「歌舞伎の黒子がやる馬」
だと思った。

「ほっけ柱は変?」
(http://zanki.blog.so-net.ne.jp/2009-09-07)でも書いたが
生き物と機械との境界線はかなり怪しいという実感が、
この映像でさらに強くなった。

http://hinnkaku.wanwan22.com/?eid=1263223

ミトコンドリアは変? [生物]

 先日放映のNHK「サイエンスZERO」で見たミトコンドリア
の映像には興奮した。それはミトコンドリアを蛍光蛋白で染色?
もしくは標識?して、細胞が生きた状態で撮影された動画だ。
 細胞内に根をはるようにびっしりと蛍光を放つミトコンドリアは
よく見ると全てつながっているわけではなく、いろいろな長さのも
のがある。しかも、7倍速の動画とはいえ、それらは活発に動き、
合体したり、切れたりを繰り返している。まるで、ミトコンドリア
は細胞内小器官ではなくそれ自体、ひとつの生き物のようだ。

 こんな映像を見せられると、「細胞内共生説」つまりミトコンド
リアは好気性細菌が、葉緑体は藍藻が原核細胞に取り込まれること
によって真核細胞が出来たという話が説得力をもつ気がする。

 この説のライバルとも言える「膜進化説」の提唱者を恩師とする
私としては複雑な心境だ。

ほっけ柱は変? [生物]

 先日観たNHKの番組は面白かった。
 大量のほっけが群れを成して文字通り柱のようになると、
その水面に渦が生じるという不思議な現象を解明したものだ。
 群れは回転して泳いでいるわけではないのになぜ渦が生じる
のか?それは大量のほっけが上を向いて立ち泳ぎをすることに
より、下降気流ならぬ下降水流が生じた為だった。
 ほっけは浮き袋を持たない為、上を向いて泳いでもなかなか
浮上せず、ヘリコプターのホバリングのような状態になる。水
深を保ったまま尾びれを動かし続ける状態になりやすく、その
ため下へ向く水流が生まれ、さらに渦を生じることになる。
 この渦は、水面近くに多いプランクトンを水深数メートルま
で引きずり降ろす働きをし、その結果、カモメなどの天敵の襲
撃を受けることなく、ほっけがプランクトンを捕食できるとい
う効果を生む。
 こんなウマイ餌の獲り方をほっけが考えてやっているわけも
く、次はどうやってこんな行動が起こるのか考察することにな
る。そこで引っ張り出されてくるのが「Boids」というシミュ
レーションプログラムというか理論。20年以上前にテレビで
観たことがあるが、画面上を動く複数の楕円に、たった三つの
規則(命令?)を最初に設定するだけで、あとは自律的に生き
物の群れのように動くというものだ。
 もともとはバードノイド(鳥もどき)が縮まって「Boids」
という呼び名になったらしいが、私が当時テレビで観たのは魚
群に見えるものだった。その動きのあまりのリアルさに、やは
り生き物は機械となんら変わらない、特別なものでもなんでも
ないのだという確信を持ったのを覚えている。
 その三つの命令とは、
 ①非自己(仲間や障害物)とぶつかるな。
 ②仲間と同じ方向を向け。
 ③群れの重心に向かえ。
というものだ。
 ほっけ柱は、さらに2つの命令を追加することで再現できる
ことが判った。それは
 ④餌に向かえ。
 ⑤餌を食べたら下降しろ。
餌をどう設定したかは判らないが、プランクトンを想定して、
水面付近に浮遊していることにしたのだろう。その結果、通常
は水底付近にいるたらのうち、数匹が水面のプランクトンめが
けて上昇をし始めるのをきっかけに多くのほっけが群れとなっ
て上昇を始め見事にほっけ柱がシュミレーションされた。

 番組ゲスト、水泳の金メダリスト岩崎恭子が、スカーリング
という立ち泳ぎの技術が上達すると綺麗な渦が出来るのだとい
う話を披露したのも面白かった。

ミームは変?(その2) [生物]

 先日、企業のソーシャル化の特集をテレビで観た。世の中の
環境意識の高まりを契機に企業が、イメージ向上やCO2削減
義務のような目先の取り組みではなく、企業戦略として積極的
な行動に出ているという話だった。しかし、奇妙とも思える未
来志向がそこにあった。
 20年先の市場を作るために今は無償奉仕状態で砂漠の緑化
を進めているという。企業の生き残りをかけて先手先手を打つ
のは正しい。しかし先を見越したらキリがない。20年先って
…今、在職中の社員にはほとんど関係ないじゃん。ましてやこ
れを決定した役員なんて死んでるかも知れないのに。
 今いる社員が誰もいなくなった将来の会社の存続を考える。
もはや社員は細胞で、企業は1つの生物なのかも。
 企業を新たな生物の形体と見るアイディアは、実体を伴う分
ミームよりも現実的ではないだろうか?

 しかし「生物=生存機械論」の巻末に次のような文があった。

「少なくともわれわれには、単なる目先の利己的利益より、む
しろ長期的な利己的利益の方を促進させるくらいの知的能力は
ある。」

 このドーキンスの希望的観測は、事実かも知れない。

ミームは変?(その1) [生物]

 ミームは、20年以上前に物議をかもした「生物=生存機械論」
で、著者リチャード・ドーキンスが、提唱した概念。
 私たちはふつう、自分の体の主(あるじ)は自分だと思っている
が、実は我々の体は遺伝子が未来永劫生き続ける為の乗り物に
過ぎないというお話が、この本の大部分を占めており、最後に少
しだけ、このミームというアイディアが披露されている。
 ミームとは、我々の脳が創り出した思想や文化の事(厳密な定義
は著者にも出来ていない)。紙やテレビ、クチコミなど様々な媒体
によって脳から脳にコピーされ、変異もするという点で遺伝子に似
た特性を持つ為、それまでの独裁者たる遺伝子の地位をも脅かす、
新たな自己複製子と考えてみると面白かろうという話。
 ミーム「meme」は、「模倣」を意味するギリシャ語「mimeme」
をジーン(遺伝子)の発音に似せて短縮した造語。

宇宙で結晶化は変? [生物]

 タンパク質の結晶化実験が宇宙で行なわれている。無重力
だと結晶化が容易で純度も高められるという。そりゃそうだ
ろうなと思いつつ、まてよ、ということは…。
 
 生命の起源を彗星に求めた「新パンスペルミア説」という
仮説がある。星間チリには意外なことにセルロースまたは、
同様な多糖類が多く存在すること等を示し、彗星での生命誕
生の可能性を示唆したものだ。
 原始スープ説を宇宙に持ち出して、いわば問題を先送りし
ただけのようなこの仮説に私は興味がなかった。

 しかし、そこには確か「無重力による結晶化」の効用は含
まれていなかった気がする(うる覚え)が、それを考慮に加
えると俄然、魅力的な説となるかも知れない。

 最初の生命は、…いや、その前段階は、タンパク質でもな
く核酸でも糖でもない、無機物。珪素化合物の結晶だったの
ではないかとするケアンズ・スミスの説を思えば、生命誕生
における宇宙の優位性も案外、軽視できないかも。

 今風に言えば、「アルと思います!」といったところか。



脳は変? [生物]

 ある作業をしながら、他の事も考えていたりすることってよくある。
人間も思考のマルチタスクが可能なのだろうか?CPUが2つあるだ
ろうか?それとも擬似マルチタスクで1つのCPUを時間差で使って
いるのだろうか?

 全然違うだろうな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。