医療:世界は変だ:So-net blog
So-net無料ブログ作成

延命措置は変? [医療]

 母が入院。現代医学では未解明の病、間質性肺炎と診断。
 逝去。
 現実になって初めて分かる想定できなかった事がある。

 母には昔から絶対に延命措置はしないで欲しいと言われていた。
 父も私もそんなことは当然の事として賛同していたが、そこに穴があった。
 延命措置を単純明快な事だと安易に考えていて、具体的にはどんな措置を指すのかを
 知らなかった。その為、病状の悪化に伴い治療が強化されていく過程で、どこからが延
 命措置に当たるのかが、医学的にも法的にも素人の自分には判断出来なかったのだ。
 具体的には呼吸を助けるためにまず鼻先のチューブから酸素を出す方法。次にプラス
 チックの簡易マスクで酸素を出す方法。そしてスキューバダイビングのレギ同様、マス
 クをゴムバンドで圧着する方法と移行していく。この最後の方法が、迷うところだった。
 これはダイビングのレギとは決定的に違う点がある。それは呼吸に対して動力的な補助
 を行うという事。ちょうど電動アシスト自転車と同じで、患者の自発呼吸に合わせて酸
 素を圧力を加えて肺に送り込み、自力で広げられない肺を押し広げるという原理。自力
で生命を維持できない状態であるのならこの方法は延命措置に当たるのではと、後にな
ってから思ったし、実際これは非侵襲式人工呼吸器という範疇にある。しかし、3つの点
により延命措置とは判断が出来なかった。
1)人工呼吸器といえばチューブを気管挿管し、自発呼吸がなくても肺に直接酸素を送り
込む装置というイメージだった事。
2)医師には自発呼吸があるのだから延命措置には当たらないし、マスクを外してもすぐ
には死に至らず患者を苦しめるだけと説明された事。
3)肺の病気の多くがそうらしいが母の意識が最後の頃までしっかりていた事。

 その上、あろうことか延命拒否に賛同していたはずの父が、奇跡が起きるかも知れな
いじゃないかを連呼して母の意思を尊重できない精神になっていた。

 経過としては、呼吸の苦しさや痛みを緩和する為、本人が要求する度にモルヒネを筋
肉注射し、回数が増えた為点滴に切り替え、量もどんどん増えいきその副作用である呼
吸抑制もあって最期を迎えた。
 モルヒネを点滴に切り替えるまでの数日は、24時間苦痛で眠れず常に腕を突っ張った
り、自分の太ももを鷲づかみして耐えていた。スキューバで言えばボンベの酸素切れで
苦しくなり窒息の恐怖にパニックを起こしているような状態を2日も3日も耐えていた
のだ。そうと思うとどれだけ辛かった事か。意識があったからといって、自発呼吸があ
ったからといってもあれは延命だったと今思うし、早く楽にしてあげるべきだったと後
悔している。

どこかが変? [医療]

 今年の1月1日の19時頃と、3月27日の8時頃、
私の体に異変が生じ、2回とも約30分間続いて消えた。

  さて、それはどんな症状か?

  そして原因は何なのか?

  遠隔透視の出来る方、是非コメント下さい。

  超常を検証する第一歩になればと思います。

HIV感染経路は変? [医療]

 先日のニュース番組ZEROで、現在の日本での
HIV主要感染経路は、男性同士での性行為だと
解説していた。あろうことかアメリカではなくこの
日本で、そんなにも同性愛者が増えているという
のか?
 HIVに関しては全くの門外漢ではない私は、下
手をすると日本の滅亡もありうると思うくらいに、
HIVの感染拡大は実感してはいた。が、まさかこ
の感染経路が主流だとは思ってもみませんでした。
(過激な言い方ですが、)そういった連中だけが
自滅してくれるぶんには問題は無い。自業自得
なのだから。
 ただそう単純にはいかない。

 異性間の性行為だって決して安全なわけでは
ない。このブログで、何回も繰り返し書いている
が、HIVの唯一無二の予防法は、配偶者以外
との性行為の禁止である。
 検査で予防できるなどと誤解してはならない。

公共広告機構(AC)は変? [医療]

 現在放映中のHIV検査を呼びかけるACのCMは、
検査で感染予防ができるかのような誤解を広める
不適切なもだ。
 そこで、唯一無二の予防法である「配偶者以外と
の性交渉の禁止」を啓蒙するCMに変えるべきだと
CM発注者のエイズ予防財団に電話したところ、
そんなCMを作る気はないし、作ったとしてもACも
協力してくれないだろうとの返答だった。
 公共広告機構(AC)に確認してみたところ、やは
り同じ考えであることがわかった。「個人個人の倫
理観」に口を出すようなCMは流すべきではないと
の返答だ。
 何をいうか!喫煙の問題だってついこの間までは
個人の考えにゆだねられていたはずが、今では強
行過ぎるまでの禁煙の風潮になったじゃないか。
 エイズ問題は喫煙問題よりもはるかに重大なのは
自明。日本が滅ぶ寸前になってから、強行なCMを
流しても意味が無い。
 感染拡大の現実に対する危機感がなさすぎる。
論理的に正しい事よりも個人の考えを尊重する?
愚かにもほどがある。

 しかしよく分かった。エイズ予防財団やACだけが
異常に愚かなわけではないようだ。おそらく国民の
大多数もそうであり、その中にあって私のような人
間の方が異常なのだ。 

エイズ予防財団は変? [医療]

 またHIV検査を呼びかけるACのCMが流れ始めた。
観ている側には、みためのいいタレントやアスリートが
検査しようよと言っているだけにしか伝わらない。こん
なぬるいCMではむしろ感染拡大をまねきかねない。
 このCMの発注者であるエイズ予防財団にクレーム
をいれた。
 すると、あのCMは感染拡大防止ではなく、癌の早期
発見と同じように早期発見による発症防止の目的で検
査を呼びかけるものだという。ふつう防止といったら発症
防止じゃなく感染防止だろーよ。
 だったら「検査したら死なずに済みます。一生、薬代は
払い続けなきゃいけないけどね。」って、ハッキリ言うCM
にしろよ。あれではまるで予防できるかのように受け取ら
れかねない。
 当然だが、唯一の予防法は、配偶者以外との性交渉の
禁止だ。なぜそれを啓蒙するCMにしないのかと問うと、
そこまでは出来ない。それだとACも協力してくれないとの
答え。
 いろいろ話を聞くにつれ、結局この組織は、唯一の感染
防止法である「配偶者以外との性交渉の禁止」以外の方
法で、エイズを防止しようとしているらしい。
 こういう本来の目的に真剣に取り組まない怪しい組織は、
一部の幹部の私腹を肥やす為の集金マシンになりかねな
い。もちろん運営費とうたって寄付金を募集するなど論外。

エイズの蔓延を公表しないのは変? [医療]

 日本でエイズの感染者が増え続けている。
最近、政府もマスコミもその話題にちっとも触れない。
エイズの蔓延は、まさにメルトダウンしていると言っていい。
原発のメルトダウンがそうであるように、メルトダウン=この世の終り
というわけではないのは事実だが、確実に危険であり、国民全てが
正確に認識しなければいけない事態であることは間違いない。
 今すぐに国が正しい道を選択しなければ、エイズによって日本が滅
ぶ可能性は原発なんかの比ではない。

 国はその事をパニックを恐れて強行に報道規制しているのか?た
だ厄介な問題に目をつぶっているだけなのか?現状の報告を受けてい
ないのか?情報はあってもその深刻さを理解できる政治家がいないの
か?一体そのどれが原因なのかはわからない。

 たぶん深刻さを理解できていないというのが正解のように思う。という
のも以前少しテレビでアピールしていたエイズ検査の奨励だが、検査
を勧めるなどという事自体がこの問題に対する理解力の無さを示してい
る。他の病気とは違い、早期発見できれば治療できるというものではな
い。(一生飲み続ければ発症を抑えられる薬はできたとはいえ)発見イ
コール絶望なのだ。
 検査で見つかった患者を隔離したり、氏名を公表するなどするなら検査
の意味はあるが、保健所などでは匿名での実施だ。

 この件に関して国民がとらなければならない道は一つ。

  「配偶者以外との性交渉をしないこと。」

 国はその事をこそをテレビで呼びかけるべきだ。

 検査を定期的にうけていれば安心だと誤解している風俗関係者や客が
いるとも考えられるので、検査など無意味だという事を知るべきだ。
 また、他の感染症同様に感染機会から2~3週間以内に検査をしても
発見することはできない。その意味でも検査など何の役にも立たない。


  

花粉症は変? [医療]

 今年4月11日に症状から花粉症と診断され(抗原の特定はしてない)、
3食後にポララミン1錠、起床および就寝前にタリオン1錠とリボスチン点眼液、
風呂上りにナゾネックス点鼻液をずっと続けてきた。確かに症状がピタリと
消えた。

 3日前から全てやめた。
 風の強い晴天の日に窓を全開で車に乗った。

 全く症状が出ない。

 本当に花粉症なのか?

 …往生際が悪いかな、オレ?



 

献血は変?(その2) [医療]

 自分で作成した問診票をもとに医師の問診を受けるのだが、
なんとこの段階で献血拒否とあいなった。

 癌の経験がある人は、治癒後5年経たないと献血は出来ない
規定なのだとか。理由は癌細胞が血液に混入していると、輸血
を受けた人に着床し、癌を発症する可能性があるからだという。
 輸血で癌がうつるなんて初耳だ。もしそんな症例があったとし
たらその人から摘出した癌細胞のDNA鑑定をやったら、その人
のDNAとは一致しないという事になるだろう。そんな事ってある
んだろうか?勿論、理屈ではありうるだろうけど。

 それはともかく、HBVは肝癌、HTLV-Ⅰは白血球の癌を誘発
することなどを考えると、この規定はやむを得ないかな。それに
既知のウイルスが癌の原因だったなんていう発見も今後ありう
るだろうし。

 さらに抗癌剤や放射線治療を受けた人は一生献血できないら
しい。

献血は変?(その1) [医療]

 深大寺に行った帰りに吉祥寺へ。カミさんはセール中のアクセサリー屋に行く
というので、僕は久々に献血でもしようと献血ルーム「タキオン」へ。ピザ屋のシ
ェーキーズがある地下に一度降りてからエレベーターで8階に上がるというやや
こしい場所にある。しかしそこは献血ルームとは思えないサロンのような洒落た
空間になっている。
 初めてや久しぶりの人はまず受付に行き、そのあとタッチパネルで簡単な問
診票を自分で印刷しスタッフに渡す。そのあと自分で血圧を測定し、その結果
もスタッフに渡す。あとは名前を呼ばれるまで、置いてある煎餅やクッキーなど
を食べて漫画でも読みながら待つ。ドリンクの無料自販機も数台あり、ジュース
、コーヒー、ココア、紅茶などが自由に飲める。献血後にはアイスクリームも1個
頂けるというサービスの良さだ。漫画もドラゴンボール、北斗の拳、なな、タッチ
などのシリーズがずらり。おまけにイベントもたくさんあり、その日は献血した人
に占いやマッサージのサービスまであるらしい。
 今日は祭日ということもあってギャルも大勢いて大盛況だった。吉祥寺を歩き
回って一息つきたいなら是非ともお勧めのスポットだ。スタバやドトールで、それ
なり味のコーヒーにお金を使うくらいなら、世の為ヒトの為になって煙の心配もな
い気持ちのいい部屋でお茶する方がいいに決まってる。

 心底、皆にお勧めしたい良いことずくめ場所だ。が、冷静に考えると支出ばか
りのこのサービス。その財源に疑問を持たざるを得ない。基本とされる寄付金
などスズメの涙に違いないだろうから残りは国からの補助金?その額たるやハ
ンパなものではないだろう。そこに見え隠れる暗部があったりはしないのだろう
か?

ストップSTDは変? [医療]

 先日ラジオで、ストップSTDキャンペーンのCMをやっていた。ぼーっと聞き流し
ていた。
 STD、性行為感染症?なんで今頃キャンペーン?確かに増えてる。けど、基本
的には抗生物質で治るし…。あっエイズは治らないし死ぬか?
 と、そこまできた時にふと重なるものを思いついた。飲酒運転だ。昨今、飲酒運
転に対しては世間は厳しくなっている。それは、死傷事故につながる可能性があ
ると知りながらやるのは犯罪に等しいという考えに基いてのことだ。実際、違法で
もある。
 それならば、死ぬかも知れない病のエイズの感染を拡大すると知りつつ、配偶
者以外と性行為を行う事は、飲酒運転と同じではないか。
 配偶者以外との性交渉は違法とすべきだ。

 ちなみに姦淫という観点で否定しているのではない。エイズではないと完璧に
保証された人間同士ならいつどこでどうしても、私は一向に構わないと思う。た
だ、無菌豚ではあるまいし現実の人間ではそんな事はあり得ないので、やはり
エイズの治療薬が開発されるまでは、違法とすべきだと思う。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。