テレビドラマ:世界は変だ:So-net blog
So-net無料ブログ作成
テレビドラマ ブログトップ

南極物語のキャスティングは変? [テレビドラマ]

 今日、はじめてドラマ南極物語をみた。
いきなり、木村拓哉と緒方直人のツーショットに
あれ、この組み合わせ最近観たばっかりだよな
と、嫌な感じがした。
 映画の実写版ヤマトの古代進と島大介じゃん。

武市半平太は変? [テレビドラマ]

 NHK大河ドラマ「竜馬伝」で描かれている武市半平太。
岡田以蔵の純粋な心を巧みに利用し、おのれの野心を
成就させるための道具にしてしまう。人切り以蔵へと変容
させてしまう武市の恐ろしさは、真面目な信者を殺人鬼に
変えてしまった麻原のやり口を彷彿とさせる。

官僚たちの夏は変? [テレビドラマ]

 TBSの日曜ドラマ「官僚たちの夏」。こんな見応えのあるドラマは
なかなか無い。今このご時勢に放映することの意義も感じる。

 当時、特許庁に入りたてだった父に聞いてみると、主人公風越
のモデル佐橋(さばし)という人は、佐藤浩市のようなイケメンの
熱血漢ではなく、田舎っぽい好々爺という印象の地味な男だった
とのこと。確かに池田隼人をモデルにした池内信人が北大路欣也
というのもカッコ良過ぎかも知れない。

 ともあれ、政治家も官僚も志をもった人達であって欲しいものだ
と素直に思う作品だ。

「天地人」のオープニングは変? [テレビドラマ]

 これまでNHK大河ドラマのオープニングは常に新しい試み、
新しい技巧、という「新しい」という方向性をもっているという
印象だった。主旋律を合唱に任せたり、エレキギターでやった
り、電子音を取り入れたり、生音とコンピュータで組み合わせ
たり。
 ところが今回は、初期の大河ドラマのような古臭さを感じる
曲だ。子供もそれを感じたらしく「今度のなんだかダサい。」
と、一言。私にとってはノスタルジーを感じるので悪くない
先祖がえりにも思える。

緒方拳は変? [テレビドラマ]

緒方拳。
 民放では「瑠璃の島」が印象深かったが、やはりNHK大河ドラマのイメージ
が強い。 「風と雲と虹と」での藤原純友の役は子供心にもカッコ良かった。

 最近では「風林火山」での宇佐美定満の役。ガクトが怪演した潔癖すぎる
上杉謙信をたしなめるシーンがしびれた。

 やっぱり残念だなぁ。

バンビーノは変? [テレビドラマ]

ありそーで無かった?
今さら、みたいだけど今だからこそ、みたいな?
そんなドラマで、つい楽しみにしてしまいます。
仕事とは?人生とは?
もう一度、今までの観念を捨てて、ゼロから考え
直してみたくなるかも。

松本クンが、「花より男子」なんかより、はるかに
なりきってて、素晴らしいな。


続・義経が変? [テレビドラマ]

 タッキーの演技力もさりながら、義経が素晴らしい仕上がりになっているのは
キャスティングのほとんどが、ハマリにハマッている事にもある。
・平幹二郎の後白河法皇は、映画「帝都物語」の陰陽師総帥の役と甲乙つけ難い
 くらいピッタリ。
・夏木マリの丹後局は、少々やり過ぎの感もあるが、それくらいしているおかげ
 で、物語に面白みと分かりやすさが与えられている。
・草刈正雄は、過去の大河ドラマ「風と雲と虹と」の頃のカッコ良さとは真逆の役。
 ズルさと思慮深さが紙一重の公家、鼓の判官を怪演。義仲に侮辱され怒りをこら
 えるシーンは見事。
・渡哲也は義経の父親像でありながら実は仇でもある複雑な立場の清盛を好演した。
・松坂恵子も清盛の妻をウルトラセブンの頃からは予想だにできない存在感と貫禄
 をもって演じきった。
・阿部寛は、最近変なおじさん系の役が多かったが、本来のカッコ良さで平家随一
 の男らしい武将として知盛を演じた。
・蛭子義一の素人臭さも、義経母子をやさしく気遣う一条に合っていた。
・高橋英樹は藤原秀衝役で、民放では観れなかった重厚な演技で俳優としての貫禄
 をみせた。
・鶴見辰吾は、平家滅亡が決まったことにより己の弱さを素直に吐露できた平家の
 長、宗盛の人間らしさをしみじみと演じた。
・中越典子は、連ドラ「こころ」の主役でNHKのおぼえもめでたく、ゆえにキャ
 スティングしてもらえたのかと思っていた。実際、建礼門院徳子という地味な役
 所のため、見せ場もなく、メイクも公家の変な眉毛をしていたので、やっぱり誰
 がやってもいい役だったかと思いきや、最後の最後で、訪れた義経に親王兄弟の
 すり替えを悟られた事に気付いたときの義経との張り詰めた心のやりとりは、静
 かな対話の中でも鬼気期迫る迫力が感じられて、伊達ではなかったと脱帽しまし
 た。
・小澤征悦は、主役を凌ぐ勢いのある演技で、野心あふれる新鮮な木曽義仲像を見
 せてくれた。
・小池栄子は、その目ヂカラで、巴御前のイメージにドンピシャ。
・財前直美の北条政子もピッタリ。
・勧進帳の富樫に石橋蓮司を起用したのも渋いとこ突いている。

 とまあどれもこれもハマリ役だったが、何と行っても極めつけは中井貴一だ。まさ
に歴史の教科書で見たあの頼朝像そのまま!顔から性格から話し方から何から何まで
頼朝ってこんな人物だったんだろうなと思わせる演技にこの作品の主役がどっちだっ
たか分からなくなる程だ。かつて大河で主役、武田信玄をそつなくこなしたが、そん
な事などぶっ飛ぶくらいにこの頼朝はハマリすぎだ。

 おまけだが、アシュケナージ指揮のオープニングも素晴らしい。クラシックは詳し
くないが、この人ってピアニストじゃなかったっけ?


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

義経が変? [テレビドラマ]

 そう、それぐらい久々に大河ドラマらしい大河ドラマだ。放映前は、タッキーが
義経?確かに女性っぽさもある美少年って感じはするがあまりに安直なキャスティ
ング。ジャニーズで視聴率を稼ぎたいという気持ちバレバレじゃないかと、全く期
待していなかった。
 ところがである。中盤以降のタッキーの演技力の素晴らしさには驚かされた。前
回も吉次との会話に我が子が亡き者にされた事を気付いていくシーンで、目の表情
のみで、悲しみと怒り、吉次への感謝、静への思いが交錯する義経の複雑な胸中を
見事に演じきった。彼にそんな演技力あったっけ?これはきっと細木数子に何かさ
れちゃったに違いない。と思うのは私だけ?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

渡鬼は変? [テレビドラマ]

 たまにしか見ないが、鬼"ばかり"というわりには、
出てくる鬼はほとんど「女」だけだと思うのは私だけ?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
テレビドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。